4人のシェフのコラボレーション”極みロール”,”極みバウム”

ケーキ(アントルメ・生ケーキ・焼き菓子など)の紹介
高崎市のプチールのケーキ

1978年、たった5坪のケーキ屋さんとして高崎市にプチールは誕生いたしました。
お客様のあたたかい笑顔と心に支えられ、現在は高崎市の筑縄と矢中で夢あふれるケーキ屋さんとして愛されております。
群馬のケーキ屋「プチール」は、オーナーのこだわりが随所に散りばめられた夢広がる店内でおいしいケーキや洋菓子を作っています。
プチールのケーキやお菓子は、厳選された材料を使用し、一つ一つにパティシエの”夢のお菓子をお客様へ”という心がこもっています。
焼き菓子、ケーキももちろんですが、大人気なのが北関東の名だたるケーキ屋さんのオーナーシェフのコラボレーションで生まれた『極みロール』と『極みバウム』です。高崎市近隣ではプチールで出会うことができます。『極みロール』は食感、口どけ、喉ごし、香り、風味を追求し、長期に渡り施策を重ね妥協を許さず創り上げました。贅沢までな味わいを是非ご賞味ください。『極みバウム』も最高のバームクーヘンを創りたいという強い気持ちから始まったプロジェクトです。ケーキ屋さん同士の枠を超え4人のシェフの知恵を技術の結集により生まれたお菓子をぜひご賞味ください。群馬県高崎市のプチールのケーキをご紹介します。
また、「プチール」は群馬の洋菓子店としても大変ご好評を頂いております。高崎市にお越しの際は、ぜひ遊びに来てください。

生ケーキ
焼き菓子
アントルメ